ウェディングブーケの知識

ブーケの豆知識

ブーケ&ブトニアの由来

男性から花束を贈ってプロポーズをし、それを受けた女性が「YES」のかわりに贈られた花束から一輪をとって男性の襟元にさす。これがブーケ、ブト二アのはじまりです。愛のメッセージですね!現在も新郎の胸元を飾るブトニアは基本的に新婦のブーケと同じ花材で作られています。

ちなみに新婦の父や男性の友人もブトニアをつけますが、新郎とは違うお花で作るのが一般的です。

ブーケのきれいな持ち方

ブーケはおへその少し下くらいで持ちます。緊張のあまりブーケを胸の方まで持ち上げてしまう方がいらっしゃいます。 腕の力を抜いて、ひじを腰骨にそわせるようにゆったりと曲げ、ブーケの角度は前45度に傾けて持ちましょう。小指一本、または小指と薬指の2本を ホルダーにかけて持つとブーケが下を向きすぎるのを防げますよ。前撮り写真の撮影前や挙式本番前に、ブーケが美しく見える角度を鏡で確認してみてくださいね!

ブーケセレモニー

ブーケ&ブトニアの由来を再現するセレモニーです。あらかじめ出席者の何人かの方にお花を持っていただき、新郎がそのお花を受け取りながら入場し、ブーケにして新婦に渡します。新婦が「YES」の返事としてブーケの中からお花を1本抜いて新郎の胸元に挿します。皆さんの祝福のお花を束ねたブーケでのプロポーズの瞬間です。幸せなお二人の姿に感動!のセレモニーですね。

ブーケトス

結婚式の後、花嫁さんが後ろを向いてブーケを投げ、それを受け取った女性が次に幸せになる(花嫁になれる)と言われています。
披露宴や二次会では華やかな余興となるでしょう。ブーケトス用の小ぶりなブーケを別途ご用意されるかたもおられます。

当店もブーケを受け取られた新婦のご友人のお客様からブーケを残したいと多数ご依頼いただいています!ご自身のお手元に残されるとともに、新婦さまへのサプライズプレゼントにされています。ブーケ加工の仕事を通じて、お客様からたくさんの幸せな感動をいただいています!

ブーケプルズ

独身女性の人数分のリボンを用意しておき、1本だけ花嫁さんのブーケに結んでおいて、ブーケ版幸せのくじびき! そのリボンを引いた方が、花嫁さんのブーケを受け取ることができます。ブーケトス同様、人気の余興のひとつです。
 

サムシングフォー

『結婚式の日に4つのサムシングを身に付けた花嫁は幸せになれる』という古くからヨーロッパで語り継がれてきた素敵な幸せのおまじないです。Something Old(古いもの):祖先から受け継がれた幸せの象徴Something New(新しいもの):新しい生活の幸運と成功の象徴Something Bollow(借りたもの):幸せな隣人友人の幸福にあやかるおまじないSomething Blue(青いもの):花嫁の純潔、忠実と信頼の象徴当店でお預かりするブーケの中にもブルーのお花がひっそりとしのばせてあることがあります。何か神聖な気持ちになりますね。

Please reload